夫が育児に加わる必要ある?【産後妻の変化を男性保育士が解説】

スポンサーリンク

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

赤子とブログタイトルTOP

男が子育てするのそこまで大事?

子どもってよくわからない。

妻がいるんだし、任せておけばいい。

別に自分がしなくてもいいだろ?

と思ったアナタ!

待ってください、

それについて衝撃のデータがあります。

実はパパが子育てに参加するのとしないのでは、

妻からの愛情曲線に年々大きな差があるようです。

つまり子育てに参加しないパパは、

時が経つにつれて妻からの扱いがになっていくんです。

結論【家庭円満のためにも、

父親は子育てに参加するべき】

今回はその理由と解決策を紹介します。

ママが子どもを産むわけですし、

パパにはとっては、子どもっていまいちピンときませんよね。

ですがまずこのデータをみてください。↓

↑東レ経営研究所ダイバーシティ&ワークライフバランス研究部長 渥美由喜(あつみなおき)

「夫婦の愛情曲線の変遷」

パパの育児と愛情曲線!?|東京ウィメンズプラザ|みらい手帳
パパが育児をするとママの心身の負担はぐっと減ります。

 

交際、結婚し出産までは、夫に対して妻からの愛情が爆上がりなのがわかりますよね。

ところがそこからは急降下

ほとんどの哺乳類がそうであるように、母性本能が働きます。

このグラフ、妙に納得させられますよね^^;

 出産直後のママは

「交通事故にあったくらいの体のダメージ」

とよく言いますね。

ママは体調を戻すまでに一か月~半年、

もしくはそれ以上かかる場合もあるのです。

家族も増えて新しい生活のスタート!

でもママのライフは点滅状態の赤ゲージ!

そんな時にサッパリあてにならない父親!

…たしかに信頼できなくなるかもしれません。

 私は保育士という職業柄、

常に周囲で「夫の悪口」を聞きながら働いてきました。

新卒独身の私にとって、

自分より年が上の職員がほとんど。

そして女性たちの大半は既婚者。

「うちの旦那はいつも○○だから」

「また旦那が◇◇でさ~」

「アイツははどうせ△△だし…」

私は

「(こういう風に悪口ばっかり言われる父親にはなりたくないなぁ…)」

と強く思うと同時に、

「(どうして、こんなにも悪いことばかり言われるのだろう?)」

と疑問でした。

時が経つにつれて、周囲の父親の知人からも、

「なんだか、結婚して子ども生まれて(妻が)冷たくなった。」

と嘆く声が時折聞こえます。

なぜそうなったのか?

原因の一つとして

「出産直後からの育児に、妻に期待されるほど加わらなかったから」

ではないでしょうか。

 男性は子育てに今以上に加わるべき、

とはいってもどうすればいいのか?

ピンとこない男性はいますよね。

子育てに参加しなければ夫への愛情は回復しないのか?

各家庭ごと難しい問題です。

ですが、

自分も子育てに参加しよう、

という始めの気持ちが大切です。

父親が子どものために活躍する、育休に関する記事はコチラ↓

育休はズルい?上の子が保育園通うのは?【男性保育士の意見と助言】
「育休ズルい」という人たちは3種類に分けられます。そもそも夢中に子育てをしていれば「それどころではない」とわかるはず。子育てに無関係や未経験な素人は、非常に無神経な発言ができます。不安な状態で子育てをするのはツライものです。

子育てってめんどくさい、退屈でイヤだ。

そう思ってしまう時もあるでしょう。

ですが、ちょっと自分を想像してみてください。

後悔するならどっちがいいですか?

○A「もっと家族と楽しい時間を過ごせばよかった。」

○B「自分勝手に家族に迷惑をかけておけばよかった。

二つのうち、死ぬ前に思い返して後悔するのはどちらのパターンになるでしょうか?

考えるきっかけになっていただければ幸いです。

今回紹介したデータが紹介されていた雑誌はコチラから↓ご覧ください。

ゼクシィBaby 妊婦のための本 ~妊娠初期から産後まで役に立つ情報が満載 | ゼクシィBaby
安産に向けたからだ作りのアドバイスから、マタニティ生活を楽しむためのアイデアの紹介、出産準備のマストアイテムである抱っこひもとベビーカーの選び方、赤ちゃんがどう育っていくのか予習できる成長ノートなど、たくさんの情報をお届けします。妊娠初期から産後までずっと役に立つ情報が満載の「ゼクシィBaby妊婦のための本」をかかりつ...

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント