【異世界/RPG好き必見】保育で必要なスキルをゲームっぽく紹介「32個」

スポンサーリンク

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

甲冑に身を包んだ男性たちと、ブログタイトル保育ウラ話&小ネタ

※【注意】今回は保育の仕事に必要なスキルを、RPG風で例えてみます。

保育の仕事に携わっていない人も是非、

「先生たちってこういうこともしてるんだ~」

くらいに見ていただきたいです。

 世間では子どもと遊ぶだけとも思われているジョブ「保育士」「幼稚園教諭」「保育教諭」

これらジョブは子どもと現場で身近に関わるため、

「子どもに携わる系ジョブ」の中では

もっとも有名な近接型の職であるといえます。

キツイ・給料安い・カッコいいことから

「保育三銃士」と名付けましょう。

 

ゲームっぽくすることで保育に携わっていない方などもわかりやすく、より親しみやすく保育者たちの苦労を説明することが目的です。

保育の仕事を、冗談や遊びで考えているわけではありませんので念のため。

ネーミングについてはノリなところもあるのでご容赦下さい。

はじめに紹介するスキルの表と、それについての説明↓

【スキル名】

スキル効果:           

主な使用状況:①

レアリティ:②    レベル上限: ③    発動コスト: ④            

概要:

①主な使用状況=対象スキルが保育中に必要となる状況

②レアリティ=保育業界における対象スキルの希少性(E,D,C,B,A,S,SSの7段階評価。)

③レベル上限=対象スキルのカンストスキルレベル、熟練度は何段階存在するか(保育業界で役立てるには最低レベルを1とする。)

④発動コスト=対象スキルを連続で発動するにあたり使用者の負担(低、普、高、極悪、地獄の5段階)。つまりスキルつかうのがどんだけしんどいか、となります。

以下はパッシブスキル(常時発動)

アクティブスキル(任意発動)とざっくり分けてみました。

【排泄予測感知】

スキル効果:園児がいつ排尿・排便するかを、漏らす前に保育者が察知するスキル           

主な使用状況:園生活において一日中

レアリティ: D   レベル上限: 20   発動コスト: 低              

概要:スキル対象となる園児を観察・予測・経験しながら過ごすことで習得可能。担任など子どもと過ごす時間が長いことでより精度が熟練されていく。カンストレベルにおいてはもはや未来予知に近い。レアリティは低いがレベル上位は希少。

スキル効果:保護者に向けてのおたよりをより素早く丁寧に心を込めて記入するスキル           

主な使用状況:スキマ時間・園児午睡時の時間

レアリティ: D   レベル上限:  99~  発動コスト: 低            

概要:本スキルは文字の上手さ・丁寧さ・こども観察したうえでの伝える力・表現力など様々な要素が求められるため上限が存在しないといわれる。

【所持品鑑定】

スキル効果:名前未記入のモノの持ち主を特定するスキル   

主な使用状況:園内において名無しの持ち物が見つかるたび

レアリティ: C  レベル上限:  20   発動コスト:  低           

概要:一見、誰が持っていたか、着用していたかの記憶力依存のスキルとされるが、スキルレベルの上昇により、モノの僅かな匂いで判断できるようになる。「わからないときは、あの先生(高スキルレベル)に聞けばわかる」という流れになる場合も。持ち主を特定したときに達成感がちょっぴりある。

  

【飼育マスタリー】

スキル効果:昆虫などの小動物を飼育するにあたり基本的な知識と技能           

主な使用状況:保育中

レアリティ: C   レベル上限:  50   発動コスト:  低~普通           

概要:生き物の知識は奥が深い。スキル高レベルになると年長の子ども達に「博士」などと呼ばれる。レベルを突き詰めるとカラーを出しやすいスキルの1つ。

【園芸マスタリー】

スキル効果:農作物などの栽培を保育に役立てる基本的な知識と技能         

主な使用状況:保育中

レアリティ: C   レベル上限:  50   発動コスト: 低~高           

概要:非常に奥が深いスキルだが、労力のわりに「子ども人気」という点で飼育マスタリーに劣るスキル。地方ではスキル高レベルの祖父母が登場する場合も。

【クリエイトDIY】

スキル効果:製作物の指導や作成、物の修理やハンドメイドなどを行うためのスキル         

主な使用状況:保育中

レアリティ:  C  レベル上限:  99   発動コスト: 低~高           

概要:主に製作活動・造形活動で発揮される。だが日曜大工などもこなす非常にマルチな万能スキル。壊れたものを買う予算が少ない園などでは特に用務員・作業員の業務を担当することも。筆者は作業着で「工事のおんちゃん」に扮したこともある。

【わあどコントロール】

スキル効果:PCによるWordソフトを保育に活かすためのスキル          

主な使用状況:保育時間外

レアリティ: E   レベル上限:  40   発動コスト:  低~地獄           

概要:レベル上限はソフト自体を使いこなすのではなく、あくまで保育で活かす程度とする。PC関係で困った時は、まず業者を呼ぶ前に頼りにされることも。ちなみに男性だからPCが得意、という説は全員には当てはまらない。

【えくせるコントロール】

スキル効果:PCによるExcelソフトを保育に活かすためのスキル          

主な使用状況:保育時間外

レアリティ: D   レベル上限:  40   発動コスト:  低~地獄           

概要:レベル上限はソフト自体を使いこなすのではなく、あくまで保育で活かす程度とする。児童要録等の書式変更もあるので、わあどコントロールと共に取得しておきたいところ。「私、エクセルってできないんですよねー」はテンプレ

【厨房補助】

スキル効果:職員の代替などにより給食室の補助、最低限戦力として活躍するためのスキル           

主な使用状況:調理時間

レアリティ: C~   レベル上限: 30   発動コスト: 普通~極悪            

概要:あくまで本業ではないので、厨房のサポート範囲でのレベル上限とする。女性社会には主婦が多いのでレアリティは低め。

ちなみに筆者は気合いだけの低レベル状態で厨房補助に入り、栄養士から反感を買った。だがそれも昔のイイ思い出。牛丼屋の調理バイトは昔経験していたが、まるで別物だった。

【清掃速度増加】

スキル効果:限られた時間内に園内環境を整える清掃能力         

主な使用状況:一日中

レアリティ: D  レベル上限:  50   発動コスト:  普~高           

概要:必須スキル。子どもを見ながら清掃する場合は作業が逐一中断するため、マルチタスクで急がなければならない。サブやパート職員は経験値獲得効率がウマい。

【SNSコミュニケーター】

スキル効果:ホームページなどのSNSツールを保育に活かす能力          

主な使用状況:保育時間外

レアリティ: C   レベル上限:  30   発動コスト:  低~           

概要:園により使用するメディアは多様化。外注すると高額なので高レベルになると希少。スキル名唱えるとなんかカッコいい。

【アドバンスアイテム】

スキル効果: 補材・教材など子どもに関わるあらゆるものに関する専門的な知識          

主な使用状況:保育中

レアリティ: C   レベル上限:  99  発動コスト:  普           

概要:高レベル者は環境設定が秀逸。様々な物に詳しいため、子どもに触れる経験をたくさんさせてあげることが可能。レイアウトや動線の配置にも若干影響。

【自然物鑑定】

スキル効果:戸外や園外でみつけた自然物に関する基本的な知識。           

主な使用状況:戸外活動

レアリティ:  C  レベル上限:   50  発動コスト:  低           

概要:最低限の必要な知識なので、キノコを採って食べたりはしない。安全のためには有毒か否かも判断する必要がある。

【ピアノ修練】

スキル効果: ピアノやキーボードなどの鍵盤楽器を保育に役立てるスキル。          

主な使用状況:保育中

レアリティ: E   レベル上限:  70   発動コスト:   低~普          

概要:様々な局面において活かされる重要スキルとされる。実習生で高レベルなスキル保持者も存在する。個人差がかなりひらくスキルともいえるが、ギルド(組織や職場)によってはスキルの研鑽が必須ではないことも。

【弦楽器修練】

スキル効果:ウクレレやギターなどの弦楽器を保育に役立てるスキル。            

主な使用状況:保育中

レアリティ: B   レベル上限:  70   発動コスト:   低~普          

概要:ピアノ修練と違い、スキル発動に場所を選ばないのも魅力。所得していることでとっさの武器が増え、戦略の幅は広がる。

【打楽器修練】

スキル効果:タンバリン・太鼓・木琴などさまざまな打楽器を保育に役立てるスキル。           

主な使用状況:保育中

レアリティ: C~   レベル上限:  50   発動コスト:  低~普            

概要:装備品によりスキル効果や場所が限定されるが、他の音楽系スキルとの親和性が高い。

【編集コントロール】

スキル効果:保護者用のスライドショーや動画を編集するスキル           

主な使用状況:保護者参観や配布用

レアリティ: B~   レベル上限:  30   発動コスト:普~極悪

概要:高レベルスキル保持者は稀であり、外注しない限り重宝される。

【ラウドボイスランド】

スキル効果: 遠くまで声を届かせるためのスキル          

主な使用状況:保育中

レアリティ: C   レベル上限:  30   発動コスト:  普           

概要:職業柄、喉をやられてしまう場合もある。スキルレベルが低くても、きちんと子どもが耳を傾けている場合もあり、取得強要はされるが必須ではない。

【午睡ハイディングウォーク】

スキル効果:午睡時に子どもを起こさないように行動するための隠匿スキル          

主な使用状況:午睡時

レアリティ:  D  レベル上限:  10   発動コスト:  低           

概要:子どもが寝ていても、気にせず普通のトーンで話しだす保育者もたまにいる。乳幼児クラス以外はマナーとして所得するスキル。せっかく寝かせたのに…ねぇ?

【ソングオブ園児】

スキル効果:子どもと歌うための歌唱スキル           

主な使用状況:保育中

レアリティ:  E  レベル上限:  50   発動コスト:  低           

概要:実習生も必須。歌うにあたり、あくまで子どもが主役なので職員のオンステージではない。

【園内ウェポンパーフェクション】

スキル効果:不審者との戦闘の際、園内にあるあらゆる物を武器として使いこなすためのスキル。          

主な使用状況:戦闘中

レアリティ: C~   レベル上限:  99   発動コスト: 高~地獄            

概要:レベル上限により物の特性を更に活かすことが可能。スピード、ディフェンス、命中率、操作性、威力が向上。タレント所持者は両手武器も可能。スキルレベルの向上により、クリティカル率も物ごとに付与される。ペンや石やスコップすらも、相手を失明させるほどの武器となる。アドレナリン過剰分泌によりレベルが上下する。

【回復力向上】

スキル効果:一日を通して動き続けるためのスキル           

主な使用状況:一日中

レアリティ: E   レベル上限:  99   発動コスト:常時発動型のパッシブスキル

概要:スキルレベルの向上により疲労回復、ケガの予防と回復、感染症等の予防と回復などの効果が見込める。

【クイックイーティング】

スキル効果:限られた時間の中で給食を素早く食べ終える           

主な使用状況:給食中

レアリティ:  D  レベル上限:  10   発動コスト:   普          

概要:食事の補助や声掛けが必要な子ども達に関わるためには、味わう暇などない。なっちゃいない。

【キッズヒーリング】

スキル効果: ケガをした子どもの手当てを行うスキル          

主な使用状況:子どものHP減少もしくはステータス異常の際

レアリティ:  C  レベル上限:  10   発動コスト:   普          

概要:ケガの程度によりかかりつけ医を受診する。必須スキルのはずが、間違った情報や民間療法などを妄信している三銃士も存在する。例)傷口を揉む、温める。痛くないと叱る。

尚、無詠唱は存在せず、レベル上昇によるキャスティングタイムの減少もない。「痛いの痛いの飛んでいけ」などは固定詠唱にあたる。

【イングリッシュキッズスピーキング】

スキル効果:他国籍の園児と会話する          

主な使用状況:外国籍の園児が在園している状況

レアリティ: A   レベル上限:  99   発動コスト:  低          

概要:他国籍の保護者との会話にも非常に役立つ、インテリジェンスなスキル。

【ガーディアンフォース】

スキル効果:不審者侵入時にバリケードを設置、及びに子ども達の盾となるスキル           

主な使用状況:不審者が侵入、避難先が追いつめられるなどの緊急時

レアリティ:  C~  レベル上限:  30   発動コスト: 普通~地獄           

概要:緊迫した状況により所得する場合も。だが使う機会の稀なスキル。

【セーフティウォール・ハートフル】

スキル効果:子ども達のために、自分がどれだけ安心できる居場所になれているか(安全基地)          

主な使用状況:子どものメンタルが辛い時。

レアリティ: C~   レベル上限: 99~  発動コスト: 普~地獄             

概要:発動コストは基本的にスキル使用者によって異なるが、レベル増減により若干低下する。園内でも子どもを苦しめる存在はいるため、スキルの取得は必須。うわべだけの詠唱(言葉がけ)ではいつまでも子どもの回復とスキルの成長は見込めない。本来は家庭が安全基地とはなるものの、スキルの需要はかなり高まっている。

【ホークアイキッズ】

スキル効果:広範囲の子どもを見守るスキル           

主な使用状況:広い場所での保育中

レアリティ:  C  レベル上限: 10   発動コスト:  低~普           

概要:より広範囲で子どもに危険がないかを見守る。本来パーティを組んで(チーム保育)危険を察知するため、個人のみの使用では限界がある。年齢が若いほどレベルが高まるという説を唱える説もあるとかないとか。上限は低めだが、使用者の熟練度(保育経験値)に加え、環境と対象を把握することにより精度は高まる。ケガをさせない慎重さが、必ずしも正義とは限らない。

【ナーシングアセスメント】

スキル効果:子どものサインや言葉による訴えを理解分析し、対応するスキル。          

主な使用状況:一日中

レアリティ:  E  レベル上限: 99~   発動コスト:常時発動型のパッシブ         

概要:理解分析、対応の仕方はスキル使用者により各々変化する、非常に奥が深い必須スキル。理解分析後はパーティ(チーム保育)またがギルド(組織)が一丸となって取り組むことで千差万別の未来を形にする。レベル上昇には様々な要因があり、60からは上がりづらくなる。尚、レベル80以上はユニークスキル扱いとなり、ランクアップする。

【約束された行事の担当】

スキル効果:子どものための行事や大きな活動を充実させるためのスキル。           

主な使用状況:参観日や研究会などの大きな活動や行事(レイドイベントや期間限定イベント)

レアリティ:  A  レベル上限: 99~   発動コスト: 高~地獄            

概要:イベント内容はクエスト場所により大きく異なる。子どもや職員、保護者や来客などの期待を一身に背負ったものが纏う輝き。達成と成功と成長を願い自己の命を燃やす光。窮地を切り抜けるための起死回生の闘志とひらめき、たゆまぬ努力と研鑽が集まった時、その手に力を宿すといわれる。

【アンチマジック 属性コロナ】

スキル効果:コロナウィルス感染対策          

主な使用状況:感染予防、感染対策が必要と思われる限り

レアリティ: E   レベル上限:  ??   発動コスト:  普~極悪           

概要:毒属性の中であらたに追加されたウィルスに対する知識と対応力。本スキルはパーティ(チーム保育)だけでなくギルド(組織)全体で取り組まれる。全員常時スキル発動が推奨。それら全体の取り組みや成果などで、保護者評価などにも大きく影響する。

この大規模アプデにより三銃士達は苦境に追い込まれたともいえる。

【マインドフルネス】

スキル効果:スキル使用者のストレスを軽減する           

主な使用状況:悪辣な人間や劣悪な環境により精神攻撃を受けた際

レアリティ:  B  レベル上限:  99~   発動コスト: 普~地獄            

概要:高ランクの魔物保護者(災害級)等との戦闘時には必須。スキル獲得をせず散っていった同志たちは数えきれない。

その保育三銃士と呼ばれるロマンあふれる近接職だが、”求められるスキル”というものは多いんです。ね

 保育には幼児教育は勿論、保育心理学、児童養護、社会福祉、保健、栄養、防災、マネジメントなど諸々も含まれますが、学校でメインで習うのは除外しました。

それらが前提の中でこれらのスキルを所持している、

低賃金でここまでしなきゃないんだから、ホントに保育者って凄いですよね。ホンットお疲れ様です。

最後まで読んでいただき本当にありがとうございました。

↓↓真面目なコチラの記事もぜひどうぞ↓↓

コメント